選び方

輸入ドッグフードを購入するときは

ドッグフード自体、そのルーツは海外製品であり、国産製品は後発ですが、今日その製品に優劣を唱える声は存在しないと明言して大丈夫でしょう。
そんなドッグフードの選択県を有するのは犬達ではなく、あくまで私達飼い主である人間側に存在しています。
色々な情報から海外のドッグフードのメリットに惹かれ、輸入ドッグフードを選択する人が数え切れない事自体、決して不思議ではありません。

輸入ドッグフードのメリットを具体的に検証してみると、やはり価格面のお得感を挙げる声が多数を占めています。
大量購入で経済的負担を抑える事が叶うのは、私達人間側からすれば、間違いなく大きな魅力です。
更にはドッグフード開発の本家本元という歴史に対する信頼感もまた、輸入商品が愛犬家を惹きつけている大きな要素だと推察されます。

そんな輸入ドッグフードですが、購入に際して十分注意すべきポイントも少なくありません。
先ずはパッケージに記載されている商品説明が日本語では無く、生産国の母国語であるという現実です。
正規輸入品の場合は輸入代理店側が日本語訳を追加している製品も見られますが、格安感を求めての直輸入品の場合、あくまで現地語の製品説明を確認しなければなりません。

また輸送機関と商品の消費期限との兼ね合いも見落せません。
日本と比較してこうした「安全面」に対するハードルが、一部諸外国では甘い傾向が見られ、製品の中には消費期限や製造年月日自体の記載が見当たらない製品も少なくありません。
製造から中長期間を経て船便で輸入された製品ともなれば、日本国内の店頭に並んだ段階で安全面に不安を覚える状況なのです。

ちなみに今日、輸入ドッグフードはペットショップや量販店のみならず、インターネットを利用しての通販でも居ながらにしての調達が可能な環境が整っています。
いわゆる直輸入製品を専門に取り扱う並行輸入業者のサイトも多数閲覧出来ますが、こうした業者の信頼性を正しく見極める作業も不可欠です。
ネット通販に絡むトラブルに巻き込まれてしまった場合、輸入ドッグフードの選択云々以前の煩わしさを負ってしまう事となり、輸入品を選択した理由や期待したメリット自体が帳消しとなってしまいます。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために必要な知識 All Rights Reserved.