選び方

猫・犬、それぞれのフードの違い

犬と猫を同時にかっている方々の中には、ドッグフードもしくはキャットフードの区別を明確にせず、同じ餌を与えて飼育されている方も見られますが、果たしてこの食事の与え方は、犬や猫にとって何のリスクも見当たらない、安全な飼育法なのでしょうか。
確かに色々な場面を思い出してみれば、犬と猫が仲良く同じ皿の中身に舌鼓を打っているシーンが浮かびます。
ここではドッグフードとキャットフードの違いを紹介します。

結論から言えば、やはり愛犬にはドッグフードを、愛猫にはキャットフードを与えるのがベストです。
犬と猫では体格も体質も異なり、自ずと継続する摂取を必要とする栄養分もそのバランスも異なります。
そして何より忘れてはならないのが、犬は雑食動物なのに対し、猫は完璧な肉食動物と言う身体の構造上の違いなのです。
噛み砕いて補足しますと、犬は植物性の栄養素を体内で分解消化出来ますが、猫にはその能力が備わっておらず、中でもタウリンという成分に関しては、犬は自身の体内で合成出来ますが、猫は出来ない為、通常タウリンが含まれていないドッグフードばかりを与え続けてしまうと、猫はタウリン欠乏症を発症してしまい兼ねないのです。

タウリンは身体の健康を司る上で重要な成分であり、欠乏が顕著になると、拡張性心筋症を発症したり、最悪失明に至るケースもあり、細心の注意が必要です。
キャットフードにはこのタウリンが含まれており、猫は食事を通じて摂取する事で、自身の体内で合成不可なハンデを補っているのです。

犬と猫を一括りに捉えてしまうのは、あくまで人間視点での誤った捉え方です。
人間と最も近いとされるチンパンジーを一括りにして、同じ食事だけで健康的に生き延びろというのが、いかに愚かな考え方で在るかを思えば、簡単に理解出来る事なのです。
動物学的に異なる生命体である以上、各々に適した食事を与えてあげるのが、飼い主として当然の義務なのです。
商品のパッケージや売り場にズラリと並ぶ風景から、思わず混同してしまいそうですが、明らかに別物であると捉えておかねばなりません。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために必要な知識 All Rights Reserved.